ひざサポートコラーゲンは国に認められた機能性食品として販売されており、その効果は臨床試験により確認されています。

ひざサポートコラーゲンはどのように作用するのか?

ひざサポートコラーゲンはコラーゲンペプチドが含まれており、この成分は不足してくる軟骨成分を補給し関節痛を改善してくれるとされています。

若い年代では関節部の軟骨はしっかりしており、神経を守ってくれていますが高齢になると日々の生活により軟骨成分はすり減っていってしまいます。

その結果膝など関節部分の痛みを感じるようになってしまうのです。

また軟骨に関しては加齢に伴い体内での生産量も少なくなっていきますので、体はどんどん衰えていきます。

現在高齢化を迎え、日本人の平均寿命は70年80年と長くなっていますが、人間の体自体は20代から衰えは始まっていくとも言われています。

身体の衰えや膝痛、腰痛などを改善するため運動をしよう、という記事をよく見ます。

年齢を考えて運動を控える、と考えていらっしゃる方も多いと思いますが、運動を始めるのに年齢は関係ありません。

60代から運動を始めても問題ありません。

◇参考記事をご紹介・・・思い立ったら実行!60歳からの運動でこんなに健康寿命はこんなに違う

ですが、他のサプリメントなどでも言える事ですが、加齢に伴い人体に有効な成分は減少していきますので、補充が必要になります。

サプリメントはその補充目的で使われるものであり、ひざサポートコラーゲンもサプリメントの効果をよりわかりやすくしたものなのです。

機能性表示食品とは販売する際にその効果をわかりやすくしたものですので、コラーゲンペプチドは軟骨成分を補給し関節痛を改善してくれます。

臨床試験で改善のデータも出ており、その検査により機能性表示食品の許可がおりています。

ひざサポートコラーゲンは有効なものですが、体内での生産能力が回復するのではなく常に補給する事で改善するものです。

継続しなければ意味はなく、使用中止をすれば元に戻ってしまう事もありますのでその点は注意した方が良いでしょう。